2011年09月23日

「AKB48じゃんけん大会」は出来レース? ネットで疑惑の声

持っていると便利ですよ。期間限定:2011年7月1日〜2011年12月31日まで30日間無利息キャンペーン。↓全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能。年会費無料。

[30日間無利息キャンペーン]実施中!実質年率『6.3〜17.8%!』
 
三井住友銀行グループのプロミスなら安心&便利♪


カゴメ野菜一日これ一本お奨めです。AKB48 CP告知シール付


アイドルグループ「AKB48」の新曲を歌うメンバーを決める「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」で、みごと最年長の篠田麻里子さん(25)が優勝したが、ここにきて「出来レースだったのではないか?」といった疑問がネットで再燃している。

 きっかけになったのはオリコンのウェブ版が2011年9月22日付けで掲載した「AKB48じゃんけん大会、必勝法は存在するのか!? 」という記事。内容は今回のじゃんけんの勝ちパターンを単純に分析しただけだが、「勝ち手にはある偏りがある」などという表現に触発された人が多数いたようだ。

■何十億円が動くプロジェクトにはシナリオがある

 オリコンの記事は

  「大会全対決の勝ち手をみていくと、ある偏りがあったことがわかる」

と始まる。そして1回戦の6対決のうち、グーの勝ちが5戦、チョキが1戦、パーはゼロと説明し、じゃんけんで勝つ確率は3分の1のはずだが、今回の大会ではグーの勝率が高くなっていた、と書いている。そしてこの結果を分析して勝ちの確率を上げようとするメンバーが現れるかもしれない、と結んでいる。

 いわゆる勝敗の分析記事なのだが、ネットでは

  「これはヤラセを告発する記事なのか?」

などと深読みする向きも。

 掲示板「2ちゃんねる」でも関連のスレッドが立ってしまった。

 出来レースを主張する人達は、じゃんけんで勝ち残り新曲を歌うこととなった16人の顔ぶれが「あまりにも出来過ぎている」などとして、こんな意見を書いている。

  「そもそも何十億が動くプロジェクトにシナリオがないはずはない」
  「篠田の優勝はAKB卒業を前に花を持たせようとした」
  「前田敦子、大島優子などトップメンバーが負けたのは、年末にかけてソロの仕事が詰まって忙しいから」
  「選出メンバーを調べるとAKB48メンバーが所属する各プロダクションに上手い具合に振り分けられている」

というものだ。

■昨年発売したCDよりも売れることは確実?

 一方で、ヤラセなどは存在するわけはなく

  「AKBに出来レースなんてさせたらTwitterやらblogやらで吐露されまくりなんだからガチなんじゃね?」
  「相手の出すじゃんけんの順番を覚えるほど頭がよくない」

といった否定も多い。

 「AKB48」に詳しい関係者に話を聞くと、出来レースだったという話は聞いたことはないそうだ。昨年はじゃんけん大会で優勝したメンバーがセンターに立ってCDを発売したが、AKBとしては売上げが高い方ではなく、センターを務めたメンバーの人気が上がるということもなかった。結果として、いったい誰が得をしたのかわからなかった。

  「今回は篠田さんがセンターになり、他にも人気の高いメンバーが多数勝ち残ったため、昨年よりCDが売れるのは確実だと思います」

と話している。



posted by うっちゃん7A at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。