2011年08月30日

中村勘三郎、療養中に桑田佳祐から激励手紙

持っていると便利ですよ。12/31まで30日間無利息ローンキャンペーン中
↓全国7万件以上のATM・CD・コンビニで借りれる、返せる。年会費無料。

[30日間無利息キャンペーン]実施中!実質年率『6.3〜17.8%!』
 
三井住友銀行グループのプロミスなら安心&便利♪


↓カゴメの野菜ジュースお奨めです。AKB48


歌舞伎俳優の中村勘三郎(56)が29日、都内で行われた「平成中村座」の製作発表に出席し、特発性両側性感音難聴で療養していた3月初旬に、歌手の桑田佳祐(55)から手紙をもらっていたことを明かした。

 同学年の2人は、お互いファンであることは認識していたが、これまで一度も顔を合わせたことがないという。「それでも桑田さんは手紙をくれて、最後に『不肖の同級生より』と書いてあった。それなので、僕も『誇れる同級生へ』と書いて、慣れない手紙を返しました」。食道がんを患い、一足先に復帰した桑田に勇気づけられたという。

 療養から復帰後、初となる会見は、昨年10月29日に大阪で行われた「三島村歌舞伎『俊寛』」の製作発表以来、約10か月ぶり。中村勘太郎(29)の長男・七緒八君のお宮参りや、7月の長野公演時にも取材陣の問いかけに答えていた勘三郎だったが“公式の場”は久々とあって、前夜は緊張のため「悪夢を見ているような気分だった」という。

 ただ、いざマイクを握れば、以前と同じ雄弁さ。自身や共演の片岡仁左衛門(67)ら、出演者にO型が多いことから「これが本当の大(オー)歌舞伎」と冗談も飛び出し、完全復活をうかがわせた。11月から来年5月まで、東京・隅田公園内に建設される仮設劇場で上演される。


posted by うっちゃん7A at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。