2015年02月07日

中村獅童、サトエリ…各ジャンルで結婚ラッシュ! 徳永英明、カバー封印の理由とは - TVウォッチャーの芸能まるごと1週間

熱愛・破局・事件などの芸能ゴシップを中心に、話題満載のワイドショーをイイとこ取りで紹介。これを見れば、1週間分の芸能ニュースを総ナメできる!

※【爽快情報バラエティー スッキリ!!】→【スッキリ】、【情報プレゼンター とくダネ!】→【とくダネ】、【情報満載ライブショー モーニングバード!】→【バード】、【ノンストップ!】→【ノン】、【情報ライブミヤネ屋】→【ミヤネ】と略表記します
○2月2日(月)

■「中村獅童が再婚! 相手は31歳の潮田玲子似。次は松也を指名」【スッキリ】

獅童が1月31日にモデル経験のある元OL・沙織さんとの結婚を発表した。仕事現場で5年前に出会ったが、「プレイボーイ」の印象からなかなかOKがもらえなかったという。ただ、5回目の誘いで実現した初デートで、いきなり「結婚してください」と伝えていたというから、やっぱりプレイボーイだ。

沙織さんは2013年から獅童の実家で暮らして梨園の妻になる準備を進めていたが、恩人の中村勘三郎さん、獅童の母・陽子さんが次々に亡くなったため、喪に服していたらしい。井上公造いわく、「かわいい小動物系で、バドミントンの潮田玲子さん似」とのこと。

獅童は「よく待ってくれたし、信頼関係が深まりました。母が亡くなったときもよく家を守ってくれました」「やっぱり歌舞伎っていうのは、家族に支えられての芸能だと思うんですよね。陰で支えてくださる方がいるということはかけがえのないものだなって」と感謝し、「できる限りのことはしたいですし、一生かけて守っていきたい」と力強く宣言。元妻が女優の竹内結子ということを考えると、意味深なコメントとも言えるが……。

挙式は3月、披露宴は5月末を予定。最後に「次は(尾上)松也に頑張ってもらいたい!」とひと言加えたところが、この人の愛される秘けつか。

■「佐藤江梨子が結婚&妊娠発表! 相手は身長190pの浮世絵通」【スッキリ】

サトエリが自らのブログで結婚と妊娠を発表。「私、本名が佐藤でなくなりました。先日、兼ねてよりお付き合い、婚約させて頂いてた方と入籍させて頂きました」「そして、私のお腹の中には新しい命が宿っております。旦那さんは45歳の一般の方で私も旦那も、子供が欲しくて欲しくて念願叶っての妊娠でした」「病院の先生に『もう発表しても大丈夫だと思います』と言われて泣きそうでした。まだ安定期ではないのでご迷惑をお掛けするかもしれませんが、健康第一にマイペースにお仕事も頑張ります」と喜びをつづった。

気になる相手は、身長190p(サトエリ173p)、年齢45歳(サトエリ33歳)、ブラジル出身で、サトエリの元カレ・市川海老蔵のスタッフをしている「ケンくん」。父親がブラジルでホテルチェーンを経営している御曹司で、浮世絵ギャラリーを経営し、通としてテレビ出演もしているという。文字通り、見た目も中身も浮世離れしたカップルだ。

○2月3日(火)

■「『あぶ刑事』が復活! 世界記録更新の完結編が来年公開」【スッキリ】

伝説の刑事ドラマ『あぶない刑事』の新作にして、シリーズ完結作が決定した。タイトルは、『さらば、あぶない刑事 - long good-bye』で公開は2016年。

同作は1986年を皮切りにドラマシリーズ2本、特番1本、映画6本が制作されていた。最後の映画から11年ぶりの復活となるが、注目はもちろん舘ひろし演じるタカと、柴田恭兵演じるユージの刑事コンビ。「定年を迎える」という設定の舘64歳、柴田63歳がどんなアクションシーンを見せるのか? 突き抜けたオシャレな会話は健在なのか? 約30年を経て人気を保っているのもスゴイが、7本目の映画は「同一キャストによる同シリーズの刑事映画」で世界最多となるという。

■「はんにゃ・川島が結婚! またも20代女性とデキ婚だった」【PON!】

はんにゃの川島章良が一般女性との結婚を発表。女性は妊娠5カ月でデキ婚となる。川島は、「本日2月3日、私事ですが入籍させて頂きました。またうれしいことに子供を授かることができました! 夫婦2人で話し合い、3人の子供が欲しいなとの想いを込めて、2月3日(の節分)に入籍する運びとなりました。まだまだ芸人として豆粒みたいな存在ですが、今まで以上に日々精進し頑張っていきます!」とコメント。謙虚に徹してウケを狙わないところが川島らしい。女性とは友人の紹介で1年に出会ったようで、挙式、披露宴の予定はなし。

ちなみに、現在33歳の川島が選んだのは24歳の女性。ブラックマヨネーズの2人もそうだったが、芸人は10歳前後年下の20代女性と結婚するケースが多い。しかもデキ婚。芸人側がやらかしているのか、女性側のガードが低いのか……。

○2月4日(水)

■「石原軍団の2人が同時結婚発表! 20年愛と俳優婚」【PON!】

石原プロモーションが石原裕次郎さんの眠る横浜・総持寺で、恒例の豆まきを行った。会見で主役になったのは、やはり舘ひろしと神田正輝のコンビ。報道陣に舘ひろしが「いいですか? 本当に言って……実は神田が結婚します!」と切り出すと、神田は「バカなこと言うな。オレじゃねえよ!」とツッコんで笑いを取る。

そんな熟年漫談は前振りで、この日の主役は徳重聡と金児憲史。まず徳重が昨年12月に高校時代の同級生と結婚していたことを発表。何と20年にわたる恋愛を実らせたことになる。徳重は新妻を「フワッとしているようで心があって明るい人」と語っていたが、ここまで待ってくれた彼女は本当にフワッとしているだけなのか……。「そろそろ結婚しますか?」というプロポーズの言葉も含め、徳重の株がむしろ下がった気がする。

一方、金児は、交際8年で女優の楊原京子と昨年9月に入籍し、11月に挙式。出会いは2006年のドラマ共演で、金児から口説いたようだ。金児は結婚を切り出していたものの、楊原はなかなかOKを出さず、「彼女が準備できたときに、逆に指輪をプレゼントされました」とのこと。かつて、男らしさを売りにしていた石原軍団とは思えない、ナヨッとした結婚報告だった。

■「トリンドル玲奈と中村七之助が熱愛か! 12月に密会を重ねる」【ミヤネ】

トリンドルと七之助という意外なカップルの熱愛報道で、各局のワイドショーが沸いた。2人は知人の紹介で知り合い、昨年12月ごろに交際をスタート。2人での食事など頻繁に会っていたという証言もある。

きっかけはトリンドルが昨年春から歌舞伎にハマったこと。休日の観劇が恒例となったほか、“歌舞伎好き女子”としてメディア出演するほどだった。そんな経緯もあって七之助を紹介され、意気投合したらしい。

その七之助は歌舞伎界を担う、若手きっての女形。2012年にエステティシャンとの熱愛を報じられたときは、「まだ(交際が)続いていますよ」と自ら明かすなど、男らしくオープンな人柄として知られている。

報道によると「交際約3カ月」だったが、七之助の事務所は「友だちの一人だと聞いております」、トリンドルの事務所は「交際ではなく、友人の一人です」とそろって否定。ただ、とりあえず否定するのが芸能界の常識だけに、真相は分からない。いずれにしても、トリンドルが歌舞伎を観に行きづらくなったことだけは確かだ。

○2月5日(木)

■「12歳アイドルが収録中に意識不明! 原因はヘリウムガス」【スッキリ】

アイドルグループ・3B juniorのメンバーが番組収録中に倒れて意識を失い、病院搬送されたことが発覚した。番組はBS朝日のバラエティ番組『3B juniorの星くず商事』で、1月28日の夕方、ヘリウムガスを使ったゲームでガスを一気に吸い込んだ直後に倒れたという。

治療に当たっている専門医は、脳の血管に気泡が入って血流をふさぐ「脳空気塞栓症」と診断。現在も病院に入院しているが、意識は十分に戻っていないようだ。

問題のヘリウムガスはパーティーグッズとして市販されている商品で、「大人用」だけに12歳のアイドルに対しての安全管理責任が問われるだろう。ただ、このアイドルがヘリウムガスを吸ったかはまだ不明であり、症状との因果関係も分からないらしい。

3B juniorは、ももいろクローバーZの妹分にあたる大手事務所・スターダストのアイドルだけに芸能界への影響は大きい。AKB48を筆頭にアイドルのバラエティ番組進出で、過激な罰ゲームなど体を張った企画が当たり前になっているが、今回の件でしばらくは自粛ムードが高まりそうだ。

■「徳永英明がカバー封印の理由を語る。レリゴー生熱唱で反省」【スッキリ】

先日カバー曲の封印を発表した徳永。2005年9月の『VOCALIST』発売後、「200週連続チャートイン」の大記録を打ち立て、シリーズ累計600万枚を突破するなど依然ブームは衰えていないだけに、大きなニュースとして報道されていた。

スタジオに呼ばれた徳永は、なぜかバツの悪そうな表情。「(前振りのVTRが)ものすごい大げさだなって。(封印について)あんまり深い意味は……ないことはないんですけど」と苦笑い。加藤浩次から理由を聞かれると、「理由はライフワークでやったものが非常に売れてしまったところからはじまるんですけど、この10年はカバーを一生懸命やってきたことで、自分のメッセージがなかなか発信できなくて」とホンネを漏らす。さらに加藤が「カバーのオファーが多すぎたわけですね」と合いの手を入れると、うなずきながら「ファンのみなさんがそろそろ僕のメッセージとかメロディーを聞きたいというのはずっとあったので、30周年を機にもう一回オリジナルを伝えていきたいと思います」と力強く語った。

ちなみにこの日、生放送で歌ったのは、『Let it Go』。徳永は「(カバー曲のファンは)お子さんのいる主婦層が多いので、一緒に歌えるものを一曲入れたいと思って。それと10年後に封印を解いたら10年前の歌になるので、未来につなげたいという意味もありました」と明かした。歌唱後、徳永は「やっぱ……(のどがまだ)開いてないから。上(高音)が物凄くキツかったですね」と首をひねる。「ライブではキレイな歌い方ができると思うので」と3回も話すなど珍しく言い訳モードだったのが、逆に新鮮だった。

○2月6日(金)

■「40歳の新米ママ、虻川美穂子が第一子出産」【スッキリ】

ブログで「2月3日に無事、2834gの男の子を出産しました。今は元気に産まれてきてくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。抱っこもおっぱいもまだ上手にできませんが、新米ママ頑張っていきます!」と出産を発表した。夫のイタリアンシェフ・桝谷周一郎さんも「めちゃめちゃうれしすぎて父性が溢れています」とコメント。週刊誌では何度か離婚危機の報道もあったが、2010年の結婚から待ちに待った瞬間を迎えた。

ちなみに、相方の同級生・伊藤さおりも昨年8月に出産したため、子ども同士も同級生となる。独身アラフォー女性や不妊治療中の女性に希望を与えるニュースだろう。

■「チャンカワイがエビちゃん似女性と『ほれてもうた』逆玉婚?!」【PON!】

「ほれてまうやろっ!」のWエンジン・チャンカワイの結婚が発覚した。相手は34歳のチャンより4歳年上の38歳で、蛯原友里に似た美人。さらに、家族が経営する薬品会社の副社長を務めるキャリアウーマンという。もしかしたら、“逆玉の輿婚”なのかもしれない。

2人の出会いは婚活バスツアー。チャンは昨年10月に放送された番組の企画で参加していたのだ。日帰り旅行の中でライバル男性との争いになったが、チャンは誠実さをアピールして見事に勝ち、その後すぐ交際に発展したようだ。チャンは昨年末にプロポーズし、1月31日に婚姻届を提出。わずか交際4カ月での超スピード婚となり、挙式は5月に予定しているようだ。

チャンはアジアン・馬場園梓との別れ以来、フラれキャラを通してきただけに、今後は再びノロけキャラに変わるだろう。



歌舞伎の中村獅童、グラビア出身の佐藤江梨子、芸人の川島とチャン、俳優の徳重と金児。さらに金曜の『スッキリ』では、モデルの『AneCan』森絵里香の結婚も報道するなど、各ジャンルの芸能人が続々と結婚を発表し、ワイドショーが報道している。

しかし、(失礼ながら)ほとんどの人が「わざわざ取り上げるほどの大物ではない」のも確かだ。今週の結婚ネタをワイドショーが採用した理由は、「国内外を問わず、残虐な事件が増えているから」ではないか。「知名度が微妙でも、短時間でもいいから、幸せなニュースを流そう」という制作側の意図を見る気がした。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ解説者、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブにコラムを執筆するほか、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。


記事のソースは、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-00000039-mycomj-ent



posted by うっちゃん7A at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。