2013年06月20日

『ベストスイマー』にAKB板野友美が選出! 本人欠席もビデオで喜び語る

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


アイドルグループ・AKB48の板野友美(21)が、水泳をこよなく愛し、素晴らしさを伝え、発展と普及に務めた人に贈られる『第14回ベストスイマー2013』に選出され20日、都内で表彰式が開催された。

 板野は、幼少の頃にスイミングスクールに通い、昨年から歌やダンスの体力づくりのために再度水泳を開始していた。運営側は、受賞理由について「若さ溢れる健康的なボディは、水泳によって培われたもの」とし、「水泳を継続し、何時までも溌刺とした健康美とプロポーションを維持されるよう期待したい」とした。

 この日、板野は新曲MV撮影のため表彰式を欠席したが、ビデオメッセージを寄せ「とてもうれしく思っています」と喜び、「いままではアイドルだったけど、卒業したら歌とダンスのため体力をつけなくてはいけない。身体が勝負。生涯一生、泳ぎ続けたい」とコメントした。

 そのほか、幼少期から水泳教室に通いバタフライが得意という歌手の平原綾香(29)、現役時代の体力は水泳で鍛えたという元プロ野球選手で野球評論家の赤星憲広(37)、泳ぐことが好きでスキューバダイビングを趣味とするタレントのセイン・カミュ(42)も同賞を受賞した。


posted by うっちゃん7A at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

<AKB48>JKT48の野澤玲奈が兼任へ 初の“逆輸入”メンバーに

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓



「AKB48」の姉妹グループで、インドネシアのジャカルタを拠点とする「JKT48」の「レナ・ノザワ」こと野澤玲奈さんが、AKB48を兼任することが明らかになった。海外姉妹グループのメンバーがAKB48を兼任する“逆輸入”は初めてのケースで、注目を集めそうだ。


 野澤さんは、98年5月6日生まれ。11年11月に行われたJKT48の第1期生最終オーディションで合格し、チームJの唯一の日本人メンバーとして活動を開始した。「レナチャン」の愛称で親しまれ、12年には高城亜樹さん、仲川遥香さんというAKB48からの“留学生”も迎え、中心メンバーとしてJKT48を引っ張って来た。
.

 今回の兼任は18日(現地時間)、JKT48の専用劇場のステージで発表された。野澤さんは引き続きJKT48のチームJにも所属し、AKB48での所属先や今後の活動予定については、詳細が決まり次第発表されるという。
posted by うっちゃん7A at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

たかみな「修羅場演じたい」

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


AKB48の高橋みなみ(22)が17日、都内で7月24日にDVDリリースされる韓国ドラマ「ハッピーエンディング」の公開アフレコを行った。

 AKBの総合プロデューサー・秋元康氏(55)原作「象の背中」のリメークドラマで、AKBメンバーが韓国ドラマの吹き替えを担当するのは初めて。

 高橋は主人公の部下で、パク・ナヨンの声を演じる。

「人の口に合わせてしゃべるので、すごく難しい」高橋。今後、演じたい役に「主婦役をしたいです。(不倫)相手がいる夫婦間の会話をやってみたい。修羅場とか(笑い)」とドッキリ発言だ。

 今回演じたナヨンは29歳という設定で、高橋は「7年後かぁ。グループ(AKB48)としてはあってほしいです。結婚? ステキなフィーリングが合う人ができたら。私はお仕事をしていたいので、その時は結婚か仕事で迷って違う修羅場が来るかも」と想像した。
posted by うっちゃん7A at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

小室と華原の再合体叶うのか 小室はラブコールに困惑

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


昨年12月に芸能活動を再開させた歌手の華原朋美(38)が、以前の元気を取り戻したかのように順調だ。最近は事あるごとに「小室さんのプロデュースでまた歌いたい!」と猛アピールしている。小室とは言わずもがな、元恋人・小室哲哉(54)だ。かつてのメガヒットコンビ“再合体”となれば、大きな話題となりそうだが。本紙が追跡すると、朋ちゃんにとって、とても残念な結果が出てしまった。

 華原は、7年ぶりの新曲「夢やぶれて―I DREAMED A DREAM―」を発売し、先月26日には東京・原宿で念願のライブを開催。フジテレビの「笑っていいとも!」に出演した際には、痛風経験までおもしろおかしく告白するなど、かつての輝きを取り戻したかのようにも見える。

「本人は、やる気満々です。もちろん一番やりたいのは歌。そのために普段からボイストレーニングやフィジカルトレーニングを欠かしません。見た目も見違えるように元気になり、もう精神的な不安定さは感じられませんね」とレコード会社関係者も語る。

 そんな華原がいまだに抱えている“夢”が小室による再プロデュースで歌うことだ。前出のライブ会場でも報道陣に対し「(小室と)恋愛ではなく『今だから歌わせていただけないでしょうか』という気持ち」と明かしたばかりか、あちこちで「もう一度(プロデュースを)お願いしたいな」と関係者を通じて懇願。一部では華原と小室の“まさかの再合体”まで取りざたされている。

 だがそれは、はかない夢で終わりそう。原因は小室の妻K―C―O(ケイコ=40)に対する思いだという。小室と親しい関係者はこう話す。

「K―C―Oの家族の手前、華原さんのプロデュースはやらないと思います。特にK―C―Oのお父さんには実の息子のように接してもらい恩義を感じていますからね。例えば、彼はもともと食べることに興味がなかったでしょ? 結婚後、それを心配したお父さんが『どんどんごはんを食べろ』と勧めたり、お祭りに連れて行ったりと、人間らしい生活をさせてくれたらしい」

 K―C―Oと交際するまでの小室は多忙だったこともあり、メチャクチャな生活を送っていた。

「小室さんは肉も野菜も嫌いの偏食で、食事は作曲やゲームの合間にファストフードかピザをつまむ程度だったのが、料亭の娘でもあるK―C―Oさんとの結婚以降は食生活も変わった」と音楽関係者。

 小室にとって、K―C―Oや義父との生活はことさら新鮮に思えたという。その義父が2007年に亡くなったとき、最期に言葉を交わしたのが小室だった。

「お父さんと何をしゃべったかはわかりません。ただ、K―C―Oがくも膜下出血で倒れたときも、小室さんが支え続けたのは、お父さんと男同士の約束があったからでは。華原さんのことは応援していると思いますが、今さら元カノと組むはずがない。誤解を招きかねませんからね」(同関係者)

 そんな小室の事情を知ってか知らずか“再合体”のラブコールを送り続ける華原に当の小室は困惑しきっているという。

「最近は行きつけの飲食店のマスターに『やっぱり(華原は)あきらめきれないのかな』と愚痴っていた」(目撃者)

 華原の夢は新曲のタイトル通り“やぶれる”ことになりそうだ。
posted by うっちゃん7A at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

AKB横山由依、調剤事務管理士に合格

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


AKB48の横山由依(20)が調剤事務管理士に合格し、16日、千葉・幕張メッセで行われた合否発表に登場した。「超多忙なAKBでも資格は取れるのか?」をテーマに、横山は今年1月からユーキャンの資格挑戦プロジェクトに参加。同資格の取得を目指してきた。

 調剤薬局事務とは、調剤報酬請求業務を中心に、事務作業全般を行う仕事。横山は5月に試験を受験した。

 移動の新幹線の車内など、仕事の合間をぬって勉強を続けてきた横山は、合格の知らせに安堵の表情。「『資格に挑戦したい』と思ってるけど、まだできてない人はぜひ、私も合格できたので、挑戦してもらえたらいいなと思います」とファンに“資格のススメ”を説いた。

 この日の合否発表には、AKB総監督の高橋みなみ(22)もゲストとして登場。努力家の後輩の“偉業”に「勉強しているとは聞いていましたが、ムダにならずによかった」と祝福した。

 高橋はまた、AKBを昨年8月に卒業した前田敦子(21)が、7月31日に札幌ドームで行われるAKBのコンサートにスペシャルゲストとして出演することに「めっちゃ楽しみです!」と大歓迎した。
posted by うっちゃん7A at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

AKB48ドームツアー詳細発表、札幌公演にOG前田敦子

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


AKB48のドームツアー「AKB48 2013年真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜」が7月20日より開幕。この詳細がアナウンスされた。

ドームツアーは7月20日の福岡・福岡ヤフオク!ドームを皮切りに、札幌、大阪、名古屋、東京にて展開され、全国5会場計11公演を実施。このうち7月21日の福岡ヤフオク!ドームでは篠田麻里子、8月22日の東京ドームでは秋元才加、25日の東京ドームでは板野友美のセレモニーが行われる。さらに7月31日の札幌ドーム公演に、卒業生である前田敦子の参加が決定。また同公演では新ユニットのお披露目が予定されていることが明らかになった。

AKB48 2013年真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜

2013年7月20日(土)福岡県 福岡ヤフオク!ドーム
2013年7月21日(日)福岡県 福岡ヤフオク!ドーム
※篠田麻里子卒業セレモニー
2013年7月31日(水)北海道 札幌ドーム
※前田敦子ゲスト参加
2013年8月7日(水)大阪府 京セラドーム大阪
2013年8月8日(木)大阪府 京セラドーム大阪
2013年8月16日(金)愛知県 ナゴヤドーム
2013年8月17日(土)愛知県 ナゴヤドーム
2013年8月22日(木)東京都 東京ドーム
※秋元才加卒業セレモニー
2013年8月23日(金)東京都 東京ドーム
2013年8月24日(土)東京都 東京ドーム
2013年8月25日(日)東京都 東京ドーム
※板野友美卒業セレモニー
posted by うっちゃん7A at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

指原センター曲は「音頭」!? HKTでの凱旋公演で明かす

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


AKB48の32枚目シングルの選抜メンバーを決める「第5回選抜総選挙」で初の1位に輝いたHKT48の指原莉乃(20)が13日、福岡・博多のHKT48劇場で“凱旋公演”を行った。ステージでは、指原が初センターを務める8月21日発売のシングルについて、「音頭に決まった」と秋元康総合プロデューサーからメールが届いたことも明かし、300人のファンからどよめきが起こった。

 移籍から1年。15万超もの支持を集め、AKBグループの頂点に立った指原が、博多のファンに“恩返し”の報告をした。

 「さっしー、おめでとー!!」と大歓声と拍手で迎えられた指原は「改めて福岡であいさつができてよかったです。福岡の皆さんが受け入れてくれたおかげで1位になることができました」とセンター奪取を感激の面持ちで報告。「移籍して本当に良かったと思います。皆さんあってのセンターなので」と感謝した。

 その直後だった。指原が突然、「秋元先生から氏から『曲が音頭に決まった』というメールが来ました」と自身が初センターを務める楽曲について“発表”。会場が笑いとどよめきに包まれる中、「せっかくならかわいい曲がいいなと思っていた中での『音頭』なので、楽しみにしてください」と必死にアピールした。

 衝撃のメールは公演開始直前に届いた。「ショックでした」という気持ちを隠し、「うれしいです。楽しみにしてます。頑張ります」と返信したという。続けて「曲名は『びっくり音頭』です。地方の音頭をモチーフにしたそうです。まだ確定ではないみたいですけど…」とメールの内容を次々と明かし、肩を落とした。

 指原の言う通り、「音頭」となれば、AKBのシングルではもちろん初めて。

 指原は1位を獲得した8日の総選挙直後に、「秋元さんのことだから、絶対変な曲になる〜」「なるべく良い曲があたるように願ってます」と不安を繰り返し口にしていたが、秋元氏のメールはその予感が当たった形となる。

 指原は公演終了後に大分市の実家に帰省し、14日は大分市役所を表敬訪問する。

 【指原移籍?!勘違いで泣き出すメンバーも】

 「さっしー 選抜総選挙一位獲得おめでとう」と書かれた横断幕でサプライズ祝福された指原。初センターのお祝いの後に、今度は指原から「実は私も、みんなにサプライズ発表があります!!」と切り出した。

 メンバーの多くは指原の卒業発表かと勘違いしたようで、「HKT48、セカンドシングルの発売が決定しました!!」と発表すると、ホッとして泣き出すメンバーも。4月からHKT劇場支配人兼任となった指原が、支配人として9月4日発売となることなどを発表。「ぜひ皆さん楽しみにしていてください、よろしくお願いします!!」とあいさつした。
posted by うっちゃん7A at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

AKB総選挙1位3人輩出! 老舗「太田プロ」の育成手腕とは?

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


 AKB48の「第5回選抜総選挙」で、まさかの逃げ切り1位で初のセンターを勝ち取った福岡・HKT48所属の指原莉乃(20)。歴代1位を見ると、卒業生の前田敦子(21)も大島優子(24)も指原と同じ太田プロダクションの所属だ。いったいナゼ?

 指原は昨年、4位に上昇した総選挙のすぐ後に、恋愛スキャンダルが報じられ、AKB48からHKT48へ移籍処分となった。だが、転んでもただでは起きない。持ち前の「ヘタレキャラ」を武器に、トークの技に磨きをかけた。

 その後押しをした太田プロは、アイドルから文化人まで幅広いタレントを抱えるが、もともとお笑い芸人に強い老舗の芸能プロダクション。1963年、新宿松竹文化演芸場の支配人から転身した磯野勉氏が設立した。

 同プロに詳しい演芸関係者が社風を明かす。

 「他のプロダクションが守って育てようとするのと反対に、芸人を叩いて叩いて鍛える。ライオンの子を崖から突き落すような、愛のムチです」

 かつて「猿岩石」で大ブレークした後、鳴かず飛ばずになり、悲哀を味わった末、毒舌キャラを開花させたタレントの有吉弘行(39)は這い上がった好例。後に移籍したビートたけし(66)や爆笑問題も、この事務所の出身だ。

 アイドルの世界もお笑い同様、弱肉強食であることはAKBの総選挙を見れば明らか。アイドルウオッチャーが語る。

 「前田と大島は、秋葉原のAKB劇場が埋まらなかった頃からの叩き上げ。呼び込みやビラ配りの苦労を知っている。“放牧”の太田プロらしく雑草魂で1位を競い合った。指原が入った2007年にはAKBは軌道に乗り紅白初出場を決めているが、指原の場合はスキャンダルの洗礼を受けた」

 太田プロといえばリーダー格の「ダチョウ倶楽部」上島竜兵(52)が主宰する「竜兵会」が芸能界では有名だ。

 「行きつけの居酒屋で“太陽さま”の愛称を持つ上島を、土田晃之、劇団ひとり、カンニング竹山ら事務所を超えた後輩芸人が囲む。互いにダメ出し、叩き合いで伸びてきました」(先の演芸関係者)

 有吉は、かつてイベントで指原に「もう1回トラブル起こした時は、いつでも竜兵会に入っていいよと言ってるんですよ」と毒舌エールをおくっていたが、その必要はなくなった。
posted by うっちゃん7A at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

板野友美、卒業時期初めて明かす「8月くらい」

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


今年2月に年内で卒業することを発表していた板野友美(21)が11日、TBS系音楽番組『火曜曲!』(毎週火曜 後9:00)に生出演。これまで卒業時期を明かしていなかった板野が初めて「8月くらい」と明言した。

 8日に行われた『第5回AKB48選抜総選挙』(横浜・日産スタジアム)で、篠田麻里子(27)が7月21日の福岡ヤフオク!ドーム公演で卒業することを発表。司会の中居正広(40)が先に卒業を発表していた板野に質問すると、それに答える形で明かした。

 8月22日〜25日には東京ドーム4日間公演が行われることから、ファンの間では同所での卒業が予想されている。
posted by うっちゃん7A at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「あまちゃん」能年玲奈、ももクロを参考にアイドル志望の少女を熱演!

ネットで副業。一緒にお小遣いをGETしませんか?↓


 東京で本格的にアイドルを目指すヒロイン・アキの奮闘を描く連続テレビ小説「あまちゃん」東京編(作:宮藤官九郎)の完成披露試写会が11日、NHK放送センターで行われ、アキにふんする能年玲奈が役づくりのために、アイドルグループ・ももいろクローバーZを参考にしていると明かした。

 本作で能年は、小泉今日子、薬師丸ひろ子らかつて一時代を築いたアイドルたちに囲まれてアイドル志望のアキを演じているが「中学のときにバンドをしていて音楽は好きだったけど、アイドルについては正直わからない部分が多くて。歌って踊るのは本当に難しいですね」とアイドルを体現することの難しさを語る。「今はももクロさん、アイドル時代の小泉今日子さんや薬師丸ひろ子さんを見て研究しています」と熱心に役づくりに取り組んでいる様子だ。

 24日からの東京編では、ナレーションにも挑戦することになった能年。「宮本信子さんの素晴らしいナレーションの後に、わたしに担当しろなんて。宮藤(官九郎)さんは本当に意地悪な人です」と恨み節。それでも「なまったり標準語だったり、声の演技は本当に大変です。でも、毒づいたりするセリフのときとか正直楽しんでやっていました」と笑顔で振り返った。

 共演の松田龍平(マネージャー役)について能年は「ずっと誰かに似ていると思っていた。でも、誰に似ているんだろうって考えているうちに、ある日ようやくピンときたんです。あ、(あらいぐま)ラスカルに似ているんだって」とにっこり。東京編からは同年代の共演者も増え、「違う楽しさ、違う緊張があります」と現場での充実ぶりを感じさせた。

 同作は引きこもりがちだった女子高生・アキの成長を描いた人情喜劇。ひょんなことから母親(小泉今日子)の故郷・岩手県の田舎町で海女修業を続けるうちに地元アイドルになったアキが、東京で本格的にアイドルを目指すさまを描く。「東京編」ではアキの母親の生きた1984年と、アキの生きる2009年という二つの時代が展開する。1984年のシーンでは当時のアイドル文化がノスタルジックに再現され、その時代を生きた人たちにとっては懐かしくてたまらないことだろう。(取材・文:名鹿祥史)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」東京編は6月24日よりスタート
posted by うっちゃん7A at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。